値段の差は?

多くの患者から笑顔を取り戻してくれているのがインプラントですが、インプラントは病院によって価格が異なる事でも知られています。
それは一体何故なのでしょうか。
その理由は様々なものが挙げられるのですが、インプラントは先の項でもお話ししましたが、基本的に保険適用外治療、つまりは自由診療になります。
自由診療という事は、歯科医が値段を勝手に決めても良い治療だと言うことになります。
歯科医の診療、特に保険適用治療の場合、保険点数の兼ね合いからほぼ料金が決められてしまっているものなのです。
自由に決められるのではなく、値段設定がほぼ決められてしまっており、その価格からさらに保険分が割り引きかれるという事になるのですが、インプラントの場合保険適用治療ではありませんから、歯科医の好きに値段設定する事が出来るのです。
そのため、歯科医によって案外差が出てくるのです。
歯科医も慈善事業で行なっている訳ではないですから、他の歯科医との兼ね合いもあります。
ですが、インプラントは高度な治療になりますので、利益云々ではなく、やはり「技術費」といった名目がとても大きいのです。
そのため、料金面への考え方がそれぞれ異なってくるのでしょう。
また、歯の代用品の材質の問題もあります。
そこまで高級な材質ではない場合、それなりにリーズナブルだったりするのですが、材質も素晴らしいものであればとにかく高くなってしまいますので、その点も看過出来ない部分ですね。