固い物が噛める

固い物を噛める、これもまたインプラントのメリットでしょうね。
入れ歯や差し歯の場合、固いものは中々噛む事が出来ません。
むしろ噛めません。
なぜなら、入れ歯や差し歯はあくまでも歯の代用品を歯と歯のに「はめている」だけでしかないのです。
ですがインプラントの場合、歯茎の部分から埋め込む形になりますので、固いものであっても問題なく噛む事が出来るのです。
これはまだ入れ歯等とは無縁の生活を送っている人にとっては大きな問題ではないかもしれませんが、入れ歯で悩んでいる人にとってはインプラントのその部分もまた、とても大きなメリットと呼べる部分なのです。
入れ歯や差し歯の場合、一人で食事をしている際には外している人もいるほど。
あくまでも「外からの視線」を意識されているものですから、歯と同じ機能を有してくれているものではないのです。
その点インプラントの場合、歯茎から支柱を埋める形になりますので、固いものであっても問題なく噛む事が出来るのです。
どのようなものでも噛む事が出来ますので、人前で噛む事を躊躇してしまう入れ歯や差し歯の人であっても、インプラントであれば何ら問題なく、人前でも固いものを噛む事が出来るのです。
もちろん、コンクリートや鉄のような普段の生活で噛む機会のないようなものまで噛める訳ではありません(笑)とはいえ、日常生活の中では全く支障がないでしょうから、その点はやはりメリットでしょう。
文字通り、「歯」の感覚を取り戻す事が出来るのです。