そもそもどんな治療なの?

そもそもインプラントとはどのような治療なのでしょうか。
保険適用外治療ですが、なぜ保険が適用されないのか。
それは施術の方法にあるのです。
インプラントと同じベクトルの治療として虫歯や差し歯治療が挙げられるとお話ししました。
入れ歯や差し歯は歯の間に歯の代用品を入れる、あるいは差し込むといったものです。
あくまでも「塞ぐ」といったものですので、そこまで高度な治療ではありませんし、料金もそこまで高いものではないのです。
事実、入れ歯や差し歯だけであればどの歯科医での治療であっても結果は変わるものではないでしょう。
ですがインプラントは全く異なります。
インプラントはまず歯茎に穴を開けるのです。
歯茎に穴を開け、そこに支柱を埋め込むのです。
そして支柱と歯茎の接合を待つと、支柱の上に歯の代用品を建てる事になるのです。
そのため、入れ歯や差し歯とは根本的に治療方法が異なるものなのです。
この点は多くの人がまだまだご存知ない部分かもしれません。
ですがこの治療方法のおかげでインプラントには大きなメリットがもたらされているのです。
また、これだけ聞くと本当にそのような事を口の中で行なう事が出来るのかどうか悩むという人もいるかもしれません。
確かに口の中で鉄筋コンクリートマンションを作るような工法を行うのですからとても難しいものがあるでしょう。
そのため、歯科医によってインプラントに差が出てくるものですから、インプラントは歯科医選びも大切です。

PICK UP! サイト情報